学習

中国語検定4級を受けた

更新日:

中国語検定4級を受けた

先日、中国語検定4級を受けた。
4級は大学一年次レベル。
英検で言うと、同じ4級?このサイトの比較によると
つまり中学2年生レベル。なんか悲しい・・・。
一応留学したのだし、なにより合格すると大学で該当の単位が免除?になるというシステムを使いたいと思ったわけだ。(必修の語学はだるい)。
サンエール鹿児島(よく名前は聞くが実際何なのかは知らない)で試験だった。

時間帯によって試験時間が別れており、4級は1時半から・・・。
30人くらい?の部屋で、試験を受けた。
4階だったか。入り口で受験票を見せて、席が案内される。
試験官が明らかに中国の人で、特有の?日本語が印象的であった。ちょっと懐かしい気さえした。

また、試験に来てない人が多かった気がする。というのも、空席が割とあったからだ。
以前、TOEICかなんかで、応募するだけして受けない社会人が多いということを聞いたのを思い出した。カネがもったいねえなあ・・・。
級が級(カンタン)なので、ほとんど学生、制服高校生もけっこういた。なんか悲しい。高校のときに中国語やろうとは全然思ってなかったなあ。
単純に尊敬。
退出可能時間が設けられていて、終了時間40分位前に出ることが可能なのだが、早く出てる人がけっこういた。実際時間が余った。

方法

次に受けるときように、ネットでの応募方法でもまとめておこう。
1.まず、公式サイトでユーザー登録。
2.応募する(このとき支払う、オレはカードで支払った)。
3.試験一週間前にハガキで受験票が届く。
4.試験に臨む。

学習

2ヶ月くらい前に中国語検定の本(出るとこだけ!中国語検定4級 合格一直線)を買って、それを毎日2ページくらいやった。
結局4分の3くらいまで終わったが、すべて終わらなかった。
試験はカンタンとはいったが、1ヶ月テキストをやってなかったらできなかったと思うくらいの難しさではあった。結局ピンインは最初から最後までボロボロだった。

まとめ

3級は・・・やるのかなあ・・・難しそうだなあ。だが4級で終わるのも微妙な感じがする。不完全燃焼な感じもする。

 

-学習
-,

Copyright© eニュースコム , 2020 All Rights Reserved.