私見

自殺で復讐は達成できない

更新日:

こんにちは。Kijimaです。
今回は社会派です。キリッ。

社説

10月29日の朝日新聞の社説に、過剰指導で自殺した福井の中学生について書いてあった。
「教室を地獄にしない」というタイトルで、学校側の対応を批判していた。
今年の3月に自殺した中学生について、
報告書が上がり学校側に問題があることが明らかになったので
今ごろの報道になっているのだろう。

大声でどなる、生徒会活動で突き放す、
担任と副担任の両方が叱責・・・などが原因となって自殺したらしい。

そして社説には"生徒が身を置いていたのは、教室という名の地獄だったというほかない"(原文)という一節。

記事の不自然さ

人によって違うと思うし、実際の現場をみたわけでもないが、
あまりにも「精神的苦痛のインパクト」に欠けないか?

ここから、"生徒が身を置いていたのは、教室という名の地獄だったというほかない"(原文)と続くのだが、
そこから学校、教育、制度の批判にいくのはちょっとムリがある。

担任教師=教室というわけではないからだ。
ほかの教師、友人など、教室にはもっといろんな要素がある。
まあ紙幅の関係ですかね・・・。

実際にはもっと複雑な過程があったのでしょう。
自殺したくらいだしね。

自殺した成果

新聞はともかく、自殺した成果を考えます。

自殺した人は校舎から飛び降りたらしいです。
学校で死ぬ理由って、絶対学校のせいだっていうことを示したいわけじゃないですか。
一種の自己表現ですよ。
自殺によって担任や親に苦しんでほしいから死ぬ わけです。

ということでその成果を考えてみます。

自殺した結果、命と交換に得たものは、
・マスコミに社会問題として報道させた→一週間で忘れられる
・学校に謝罪させた→誰もクビを切られない
・担任の教師に精神的苦痛を与えた??→ほかの学校で教師やってるみたいです。よって効果は微妙。

マスコミに取り上げられた(しかも朝日の社説)時点で、上々の成果です。
まず一般人の人生ではムリなので社会的成果はあったのかもしれません。

社会的成果のために自殺する!結果的にいえば崇高なことですが、
自殺した本人が望んだのはそんなことじゃないでしょう。
社会全体とかじゃなくて、 担任や副担任への制裁
もしかしたら助けてくれない親や友人などへもあったかもしれません。

これは異動という、制裁とはいえない結果に終わりました。

皮肉なことに、親や友人は気づけなかった悲しみなどで
精神被害を与えることができますが、
自殺では根本の原因である教師にダメージを与えることができないのです!

もっとも、教師はネット上で特定されているようですが、
なんとも他人任せなかんじがします。

運良くマスコミが取り上げてくれたからいいものの、
これでもし取り上げてなかったら教師や学校へのダメージは
もっと少なかったでしょう。

自殺するならもっと苦しみにあふれる遺書を用意して教師を名指しで糾弾するとか、
教師の目の前で死ぬとか、
もっとエスカレートするように仕向けてから
録音して遺書の隣に置いておくとか、
もっと演出を考えるべきだったと思います。

一番制裁をあたえるべき人にダメージがいってない時点で、
復讐としては失敗だと思いますね。
夏目漱石の『こころ』みたく良心の呵責を攻める、みたいな
上級コースもあると思いますが、アレは「先生」に負い目があったからで
あって、現実ではそううまくいかないのです。(「K」には攻撃の意図は全く無かったと思います)
他人に良心の呵責を期待するのはあまりにも希望的すぎます。
逆の立場で考えましょう。

ではどうすればよかったか。

もっと 直接的に 制裁すればよかったと思います。
いちばん極端なのは 殺す とか。

死ぬという代償が払えるなら、できるはず。
少年法で裁かれることもなく、未遂でもかなりの効果があるでしょう。

これを実際にやった、作品がありました。
サウンドノベルゲーム、『悪の教科書』です。(PCゲーム。ダウンロードサイト)
フリーなのでタブーなく、衝撃的な展開と社会批判が非常に面白い作品でした。
自殺する前に、読んでみたらいいと思います。

直接的に

似たような問題で、
例えば「食べログ」とかで、何かあったことを店にその場で言わずに
投稿しけなす人がいる、ということが問題になっているところがあるらしいです。

例えば注文したメニューとちがったとき。
その場では何もいわず食っておいて、
あとからネットで文句を書き連ねる最低評価をつける人たちです。
何か言って、その結果が不利益をもたらしたなら書くべきですが。

こういう場合なら、間接的にいうのが復讐には効果的ですが(ただあとから書けばいいだけ)、
問題によっては、直接的に被害を与えないといけないのです。
実行するのも手段も大変だと思うけど、
命を犠牲にできることなら、やる。

今までの人生では、まだない。
これからもないといいんですけどね。

-私見
-, ,

Copyright© eニュースコム , 2019 All Rights Reserved.