ゲーム

フリーゲーム「巡り廻る」をプレイした。

投稿日:

「巡り回る」。交易と戦闘が主な要素になるゲームだ。
「Elona」に似た要素を持ったゲームだ。
さすがに「Elona」よりは自由度は低いけれども、交易や戦闘とスキル、豊富なアイテムの入手・使いみちという点で似ているかもしれない。

久しぶりに「巡り廻る」をプレイした。
以前にプレイしたときには、あまりおもしろいさがわからず、作業ゲーだと思って(失礼)2時間くらいで途中でやめたのだが、久しぶりにやって、いろいろやってみたら思いのほかできることが多く、奥が深くてハマった(結局作業ゲーな感じは拭えなかったものの)。

いろいろ試してみないとおもしろくない。
現実でもそうなのかもしれない。食わず嫌いまではいかないけど、やってみたことがないので他の人がやってることがうまく理解できない、そんなことありませんか。
何回でも試せるゲームでさえ、こういう傾向があるのはちょっと悲しいが・・・。

よくわからなかったけど実際にやってみたらおもしろいと感じた所

最初戦闘がわけわからなかった。
ゼンゼン勝てないし、それぞれのアイコンが何なのか、どういうシステムなのかがわからなかった。
だが交易でカネを稼いで装備を整えて何回かやるうちに、かなりシンプルなことがわかってきた。
さらに鍛冶屋のシステムとか、スキルとか、いろんなアイテムの使いみちがわかってくると、ハマってきた。

基本フリーゲームって不親切なところがあると思うんだけど、このゲームはシステムが独特で複雑なので特にわかりづらいところがあるんだよね。
そしてオレは新しいことをやらずに、ちょっと交易だけやってみてプレイしなくなったわけで、もったいなかった。

さいごに

ハマったものの、よくよく考えるとなんでハマったのか他人に説明できないものがある。
とりあえずゲーム内でいろいろ手を出してみてハマったわけだが、上に書いた理由だけじゃ10時間もプレイしたりしない。
あれかな、コンプリート欲。
いろんな要素に手を出した結果、いろんなコンプリートの要素が出てきたと。
確かに目標とするスキルを獲得したら、あまりおもしろくなくなって一段落したな(はまってると記事をかけない)・・・。
とりあえず、おもしろかった。

-ゲーム
-, ,

Copyright© eニュースコム , 2019 All Rights Reserved.