Netflixオリジナル作品

ブラック・ミラー6話感想

更新日:

いよいよ最終回を見終わる(次回書く)

軽い気持ちで見はじめた『ブラック・ミラー』だったが、ハマって毎日1、2話ずつ(はなしが重い・エンドが暗いので)見ていよいよ3期3話で、たぶん最終話?をみおわった。
繰り返しになってしまうとおもうが、エピソードはそれぞれ独立しているので回が進むごとに〜みたいなことはないのだが、最後の2つのエピソードはちょっとビミョー。とはいえ、今までの展開からいって比較して、ということだが。

見応えがあるので終わってしまうと、どっと疲れるのだが、それくらい一連のエピソードがよかった。毎日の楽しみになっていたので、寂しい。だがこれであと何十話もあります、と言われても人生ドレイン的な意味でマズかったかもしれない(そしてしばらく技術と人生に対して暗い見方しかできなくなる)。

皮肉・批判、マイナスな成分は大好きなので、次もこれ系統のもの(たぶんあるハズ)を見ると面白いかもしれない。新たなジャンルの開拓を。
あと、なにげなく海外ドラマ見始めたのは最近(これで2つめ)で、海外ドラマというジャンルからいっても、これはおもしろいなと思う。
Netflixでいくらでもあるので、ぜひみて感想を書こうと思う。

・・・とここまで書いて、脱線。
ラジオでの、プロの話(特に伊集院光)は聞いててすげえおもしろいし、たまに超深いし、ためになることもある。
何かの作品をみたにしても、すげえおもしろく作品の見どころとか、独自の視点での見方が伝わってくる。
そういう文章が書けたらいいなと思っているが、見返してみるとおもしろくない。
書きかただけじゃなくて、作品の見方にも、問題があるのだ。

ということで? 毎回ギャグを一回は入れる ということを自分に課していくことにした。どうした急に?これは オレ自身に いってんだよ!
ということで、おもしろくなさについての練習はこれでいく。
作品の見方は、伊集院光がいうところの、「腐った泥目線」。もともと根が腐ってはいるのだが、やはり世間様が怖くてびびってた節はある。 素直に オレのクズさ加減を押し出していきたい。

3期2話

さあ本題の感想へ。3期2話は自転車漕ぎまくる話だ。
弱虫ペダルって見たことないけど、こんな感じの話なんですよね?
この回が全くわけのわからない話で、たぶんこの一連のドラマのなかで 最もワケがわからない話 。今までは一番最後になるときはあれ、一時間のなかでちゃんと社会や技術の説明があったのだが、このエピソードでは全く説明がない。
人間に自転車をこがせて発電させる辻褄のあう説明がない気がするけど、その理不尽さも含めて現代人の生活に対する皮肉か。

あと主役の人の演技がすごかった。もう本気で、血管切れるんじゃねえかってくらいびしっと額に血管が走り、汗が玉のように浮かんでいた。
物語的には結局懐柔させられるのが悲しい。でもそうなるよな、絶対。思想か安定した生活とカネかと言われれば、絶対後者だもん。

敵意を持ち、命をかけた必死の主張を買う。プロデューサー?の懐の広さには驚いたものだが、視聴率命の人もいるからな。ゼンゼンバックグラウンドは違うし同じに扱ってよくはないけど野々村議員思い出したな。
必死にやってるのを見て、コンテンツとして笑えればいい。

-Netflixオリジナル作品
-, , ,

Copyright© eニュースコム , 2019 All Rights Reserved.