Netflixオリジナル作品

【ネタバレあり】『マインドハンター』各話感想(前半)

更新日:

前回まだみてない人向けにマインドハンターを見た感想を書きましたが、

感想

今回はもう見終わった人にむけて各話の感想を書いていきます。
ネタバレ大いにありますので注意です。

1話

要約

ヒロインと出会う、テンチとタッグを組む、アカデミーを出る。

一話はそんなかんじです。

正直あまり印象ないです。
これからどうなるのか・・・まったくわからなかったです。

最初のシーン

ただ、最初のシーン(犯人が自殺するシーン)の
印象からはかけ離れてましたね。

ああやって、リアルタイムで起きてる犯人を
説得するから『マインドハンター』なのかと。

かなり落ち着いてるかんじもあって、ああ慣れてるな、
こいつがマインドハンターかと思いました。

しかしその直後の自殺。ゼンゼン「マインドハンター」らしくねえ!となります。ああこれから成長していく物語なのかと犯人に語りかけるかんじはまさにマインドハンターって感じだったんですけどね。失敗しちゃって。
あと、FBIといっても講師になったわけで、あんまりハンターなかんじはしませんね。

大学で浮きまくってるのが印象的でした。
そりゃスーツで行けばそうなる

スーツ姿決まっててかっこいいんですけどね。スーツ以外ほとんど見られないのは何かこだわりがあるんでしょうか。

用語や時代背景を調べてみました。

解説

2話

要約

エド・ケンパーと出会う、研究に地下部屋があてがわれる。

尋問シーン

エド・ケンパーの尋問シーンがすごく印象的。

彼の独白はとても理論的にみえ、非常に高い知性を感じさせる。
これくらい自分を客観視できるようになりたい。

会話のなかで少年時代の環境、
特に母親が重要な影響を与えていることをホールデンたちは気づく。

母親が与える影響、は物語全体を通してのテーマになっている。

ヒロインがヒントをくれることが多い

頭のよいヒロイン。
社会学的観点からヒントをくれるヒロインが今までいただろうか?(いたかもしれません)

また、人は外見からは想像できない(失礼)と思いました。

2話の用語や時代背景を調べてみました。

解説

3話

要約

タッグを組んで初の犯人逮捕、これで心理学からのアプローチが有効なことを確信する。
カー博士と再会。

鮮やかすぎる犯人逮捕

第2話のエド・ケンパーへの尋問があちらからの攻撃だとすれば(尋問だけど)、
この話の犯人逮捕は主人公側の攻撃です。

逮捕によって、邪険にされていた地元の刑事たちと盛り上がってるのがおもしろかった。
なんでタイヤ外すのかな・・。

俗悪な言葉リスト

彼女とイロイロしたことによりそれほど俗悪でない言葉リストをつくっていた。

どういうことかよくわからなかったけど、
私生活での経験が仕事にもいい影響を与えていくって
充実してるな、と思いました。

4話

要約

乳房切り取られ事件発生。
エグい。

あんまり印象ない

うん、エグかったというくらいしか・・・あと、みんな怪しくみえるね。

5話

要約

ベンジャミンの奥さんの告白。
で解決・・・と思いきや、裏が。

えげつない

犯行全体がえげつないのはもちろんのこと、
ホールデンの尋問もえげつないものになってくる。

ここらへんからだよな・・・えげつなくなってくるの。

しかしそれでもとてもうまく情報を
引き出してヒントを得ていくホールデン。

マインドハンターというより下世話ハンター。熟女ハンターみたいなノリで。
あんまりかっこよくはない・・・ゲスい・・。

長くなったので6〜10話は後半に続きます。

感想

また、シーズン2の制作が決定したようです。

公開決定

-Netflixオリジナル作品
-, , ,

Copyright© eニュースコム , 2019 All Rights Reserved.