アニメ

アニメ「キルラキル」ギャグとシリアスの振れ幅が最高

投稿日:

アニメ「キルラキル」を全話見終えました。
中盤までは、1日1話くらいのペースでゆっくりと見ていました。
熱中とまではいかないが、一応続きは気になるくらいの温度ですね。

中盤を超えたあたりから、一気に面白くなってきて全話見ました。
なので、1?話〜25話を一気見です。

あらすじ

人智を超えた力を着用者に与える「極制服」を着る生徒会によって武力支配される高校、本能寺学園。

女子高生である纏 流子(まといりゅうこ)は、父の仇を探すため本能寺学園に転校してきた。
自宅跡で発見した喋る黒いセーラー服「鮮血」を着用することで、力を手に入れる。

父親の仇を取るための学園生活が、はじまる。

ギャグアニメかと思いきや・・・

最初の印象はかなりギャグ描写が多いな、ということです。

四天王なんてイロモノすぎですし、急に真面目になる場面でもギャグな感じで見ていました。
あと露出多いな〜マコかわいいな〜って感じで見ていました。

だいたいその3つを見てました。

物語が進むにつれ、物語の謎が明らかになってきます。
別になんとも意味のなさそうな、ギャグかな?って思ってたところに実は意味があったりと、かなりちゃんとしていました。
ギャグという一言ですませられてしまいそうな作風で、うまく伏線にしている感じしますねー。

さらに友情、仲間、家族・・・とアツい展開もあり、見入ってしまいました。
圧倒的な敵、野望、敵への絶望度は相当でした。

音楽もすごくよかったですね。
オープニング、エンディング、戦闘のピークでかかる音楽(勝利確定BGM)・・・盛り上がりましたねー。

特徴的な画

なんといっても特徴的だったのは画でした。

漫画みたいな表情があったり、手書きの画だったり、CGもありましたね。
激情したときの手書きの流子の表情がかなり印象的です。

また、CGの生命戦維も無機質なチェック柄?みたいなのが印象的です。

変態キャラがいい!

主人公流子をもってしても「よくわからない」と言われるくらいのイロモノが数多くいます。
なかでも群を抜いたイロモノは、「ヌーディストビーチ」の「美木杉愛九郎」でしょう。

彼の局部を隠す光を実際に再現した人がいて笑いました。

あらゆるシリアスシーンを割と台無しにしてくれる感じがすごくいいです!
一貫して変態でしたね。

あとからキャプチャとかを見たら、さぞシュールなんだろうな〜とずっと思ってましたが、実際シュールすぎて笑いました。

まとめ

イロモノばかりでギャグが面白いだけではなく、伏線やスピード感のある展開、感動・・・などストーリーがすごくよかったです。

特にニコニコ動画のコメントでは1話で、ブリーチ〜話分みたいな言われ方もするくらいスピード感、情報量ありました。
おすすめです。

-アニメ

Copyright© eニュースコム , 2020 All Rights Reserved.