村上龍 読書

謎の短編『十七粒の媚薬』

投稿日:

あらすじ

異なる作家による、十七編の官能的な短編集。

村上龍の短編は一番最初でわずか7ページ。
「クリーム色」という題で、娼婦の話。

マニアックなプレイ中にクリーム色を見たことでふとしたことを思い出す、という正直よくわからない作品。

作品を全部読破するぞ!みたいな機会がないとまず読むことはなかっただろう。

-村上龍, 読書

Copyright© eニュースコム , 2019 All Rights Reserved.