やってみた

リニューアルしたデジタル毎日、スタンダードプランを使ってみた感想

投稿日:

3月28日に毎日新聞の電子版であるデジタル毎日がリニューアルしました。

変更の目玉は3つのプランですね。
ワンデープランはお試し版で、24時間100円で有料記事が読み放題になります。
スタンダードが980円、プレミアムが3200円になっています。
また、今までのように「契約した月だけ無料」というわけでなく、いつ申し込んでもまるまる1ヶ月無料となったのもいいところだと思います。

ほかの電子版に対して安いので、スタンダードプランいいなーと思い、使ってみました。
しかし、あんまりいいとは思わなかったので書いておこうと思います。

どっちにしろ1ヶ月は無料(解約を忘れなければ)なので、割り切って使うのもアリかと思います。

スタンダードプランで紙面ビューワーは見れない

明記してあり、見れるだろうと思いこんでいた私が悪いのですが、スタンダードだと紙面ビューワーは利用できません(プレミアムのみ)。

ブラウザ版だと記事を読むごとに一覧に戻る必要があって、操作しづらいです。
なので紙面ビューワー。
タブレットがあるのでそれで見たかったんです。

記事毎に一覧に戻らないといけない(アプリ・ブラウザ)

これが致命的というか、記事の詳細を見るたびに一覧に戻る必要があって面倒くさいです。

しかも毎回通信してるのか、若干タイムラグがあるのも気になります。

この仕様はブラウザ版と同じなのですが、アプリ版でも操作を同じにしようという意図でしょうか?
無料でもかなり読めるので、お金を払う気にはなりません・・・。

戻らなくてよかったら払ってもいいんですけど。

記事の一括ダウンロードができない

上で書いたようにタイムラグが生じる問題は、一括ダウンロードができれば解決できると思います。

また、携帯でモバイルデータをいちいち使ってしまうのも痛いですね。
といっても画像少しと文字なので大した量ではないのですが・・。

結局ある程度カネを出さないといけない

ということで、インターフェース的に微妙なデジタル毎日です。

逆に、理想的なのは日経電子版です。
記事から記事へ順に移動できる、kindleタブレットでも利用できる紙面ビューワー、記事の一括・自動ダウンロード・・・。

しかし値段はデジタル毎日よりお高いです。

安く利用できるなら、そっちにしたかったんですが、デジタル毎日ではちょっとなあ・・・と思うのでした。

-やってみた

Copyright© eニュースコム , 2020 All Rights Reserved.