方法論

部屋の片付け

更新日:

片付けの理由

部屋の片付けをした。 「夢を叶えるゾウ」で、ムダなものがないことがまず大切という内容とか、題名は覚えていないのだが、会計学を説明した本に書いてあった、在庫があるだけで、物があるだけでマイナスになるという考え方に触れ、ちょびちょび部屋は片付けたりムダに物を増やさないようにはしていた。まあそもそもそんなにかさばるものを買うことは少ないし金はないのだが。

しかし、その考え方に触れる以前の「負の遺産」は存在し、手付かずのまま残されてきた。世界自然遺産のごとく・・・。 いやここではむしろ雑木林のたとえの方がいいかな。 人の手がある程度入ったほうがうまくいく的な感じは雑木林だから。

「負の遺産」とは、ブックオフで買った大量の本、押し入れにに押しこんである衣服類、教科書類である。 特に押し入れを掃除するには、扉が前回で開く範囲の空間を確保しなければならず、ハードルが高い。 まずはできるところからだ、ということで押し入れは後回しにした。

・・・ブックオフで買った本を、またブックオフに売りに行くのってなんか店員に申し訳ない感じになる。 なぜなら、108円で買った本ばかりで、売るときはたいてい10円だからだ。 だからといってヤフオクで売ったりするには手間を考えるとわりにあわなそう。 ということで、ブックオフ108円のやつは捨てる。 新品で買ったやつ(ほとんどない)はヤフオクで売る。

モノを少なくしなければ意味がないという観点から収納は少なくする

いくら綺麗に見えるといっても、収納がたくさんあったり押入れに入れていては意味がない。 モノが多くて空間を専有していて、捨てられていないという点では同じだからだ。 その観点から言うと、問題点が見えてくる。 まずはカラーボックスが3つだ。 どう考えても3つもいらないので、一つは分解してしまう。 そのときに、入っていた本もすべて処分する。 ・・・が、捨てられない本がけっこうたくさんあるに気付いてしまう。

捨てて困るもの

プログラミングの本

捨てられない本は、プログラミングのリファレンスブック?オレイリー社の本だ。 わからない時に読めなければ困るかなと思って捨てられない。 そもそも最後まで読んでないものも多いのだが。 やろうと思ってやってない本もけっこうある。

でかいし、重い、数も多いのでこれらが捨てられたら相当にすっきりすると思う。。 しかし、値段が張るものがほとんどで売ったり捨てたりする気になれない・・。 ここは後回しにしよう・・・。

小物

よく使うさまざまな小物がある。 たとえば・・・綿棒、カウンター、万年筆のインク、メジャー、充電器・・・。 基本的になくてはならないものであり、収納を工夫するしかない。 何か箱に入れるか。

作業の中断:引き戸の掃除

片付けをする上でよく例に出されるのが、作業の中断だ。 たいていは、久しぶりに出てきた本を見るうちに見入ってしまって時間がたってしまうというパターンだが、オレの体験したのは、引き戸の掃除だ。

玄関とリビングを仕切っている戸があり、それがふすま式の引き戸となっている。 つまり、木で作られたレール?の上を引きずる感じだ。 どうも最近引くときに力を入れないといけないのでどうせだから ちょっと 掃除してみようと思ったわけである。 ついでにカグスベール(下に貼って滑りやすくするやつ)を貼ってやろうと思ったのだ。 ちなみにこのカグスベール、FPS(シューティングゲーム)をやるときにマウスの下に張るために買ったものである。 やっすいマウスがめっちゃ滑るようになって、素早い動作がしやすくなる。 まあ、元々あまりうまくないので貼ってもスコアが変わることはなかったが・・・。

戸の意外な仕組み

外して、戸の下を見てみるとちょっと変わった仕組みになっている。 というのは、戸の下に小さな車輪がついているのだ。 ・・・ということはカグスベール貼れないじゃん! ちょっと残念な気分に。

車輪なのに重い

しかし直後、なぜ車輪なのにこんなに重いのだと思い直す。 結果からいうと、片方の車輪が回らなかった。 どうもほこりが詰まりまくっているようだ。

車輪のホコリ取り

ピンセットでぐいぐいやってると、おもしろいくらいほこりが出てくる。 ・・・めちゃくちゃ固く詰まったほこり。 ほこりってこんなに固くなるんだというくらい、ガチガチに固まっている。 どうしてこうなったんだろうと不思議に思いながら、ガリガリ。 たまに削ったやつを掃除機で吸ったりしながら作業すること30分。 やっと、回るようになってきた。 ほこりはホントにたくさん出てきたな。 なんか髪の毛?アレの毛?チリチリした毛が車輪に絡まってたりもして、まあとんでもない惨状であった。 おそらく前の住人のものも含めた歴史が、その車輪には詰まっていたのだろう。 気づけば50分作業をしていた。

車輪掃除の結果

まあこんだけ掃除したのだからさぞすっきり、車輪が回りすぎてドアをぶち当てて近所迷惑になるかもしれない、と本気で心配していたのだが、 あまり変わらない 。 うん・・・ここらへんでオレが片付けをしていたことに気付いた。 そして、片付け再開。

結局進まず

まあ引き戸掃除してたらけっこう時間立ってて、もう無理だなと。 明日も掃除するかな・・。

-方法論
-,

Copyright© eニュースコム , 2020 All Rights Reserved.