Netflixオリジナル作品

『ナルコス』シーズン2の感想

更新日:

どうも、Kijimaです。
今回はNetflixドラマ『ナルコス』シーズン2の感想です。

ナルコス

取締官たちの反撃が始まります。

シーズン2の特徴

シーズン1の完全な続編というかんじ。
主要な登場人物はほとんど変わりません。

どちらもコロンビアでパブロ・エスコバルを追っています。

シーズン1がパブロ・エスコバルたちが栄えていくはなしだとするなら、
シーズン2はかなり陰りが見えてくるはなし。

どんどん警察も密売人にも手段を選ばなくなってきて、
まさに戦争状態、カオスなんだよね。。

市民からの支持を得られなくなっていき、
パブロの末期的なところが見れます。

それでも家族を守ろうとする。
クソ悪いヤツなのはわかってるんだけど、
同情的になっちゃうんだよね。

敵対組織が超多い

シーズン1ではめちゃくちゃにやりまくったため、勢力こそ大きくなったが、
敵を作りすぎた。

コロンビア政府、アメリカ政府、
敵対密売組織カリ・カルテル、ロス・ペペスなどと敵対して
確実に潰されていった。

また市民感情も逆撫でして、ロス・ペペスなどの私刑を許す結果になった。
大統領もロス・ペペスを利用した。
市民があっての大統領だということがわかる。

まだシーズン1のころは市民の支持を得ているところがあったので、
大統領もやりづらかったのだが、シーズン2では遠慮無く潰す。
犯罪組織でも、支持を得ているか得てないかっていうのはすごく
大切なことなんですね。

パブロ・エスコバルが手段を選ばなくなってくるにつれて、市民感情悪化、
それで政府なども対策強化、それに追随してほかの組織も抗争強化と、
メデジン・カルテルにとって悪いサイクルに入っていた。

だから潰れるのも早かったのもしれない。
世の中のほかの組織も、そんなかんじでトップが末期的になって一気に
潰れてったのだろう。

逆にそれまで好調だったのは、一線を超えなかったこと、
ある程度市民の支持を得ていたこと、ネットワークを駆使して情報を得ていたことなどが
ありそうだ。
露骨に悪者になってしまえば超でかい組織をもってしても、太刀打ちできないのだ。

ほかの犯罪組織を考えるとき、全国民にとって完全な悪というわけではなく、
看過できるくらいの悪のレベル?だったり、
支持層がいるということを考えるとおもしろいかもしれない。

『ナルコス』のほかの記事

-Netflixオリジナル作品
-, , ,

Copyright© eニュースコム , 2019 All Rights Reserved.