ゲーム

(Cities: Skyline)渋滞を完全に解消する方法

投稿日:

渋滞対策がキモ

以前初プレイし、ファーストインプレッションを書いた「Cities: Skyline」。そのときは、イメージの違いもあってか、ちょっとビミョー・・・という意見だったのですか、意見変えます。すげー面白い。以前は難易度低い!箱庭ゲームだ!としたのですが、それは表面的な話。人口が10万を超えて、設計がヘタだと渋滞だらけになり、救急車や都市サービスの車が通行できなくなり、地価が下がり、人口が減っていきます、、、。車に関してはれっきとしたシミュレーションゲームです。どうすれば渋滞がなくなるのか・・・とめちゃくちゃ考えさせられました。でもやっぱりもうちょっと電車は登場させてほしかったですね・・・総合交通シミュ「Simtrans」が今でも神すぎるのか。

攻略法

このゲーム、現実の地方財政とは違い、収益を得るのはカンタンです。なので目標がどこにあるかといえば、人口です。そして人口が増えると困るのは交通渋滞です。このゲームの難しさはそこにあります(それ以外にはありませんw)。人口が増えると商業地が必要になり、商業地は商品を必要とし、道路でしか供給できないのでその輸送が道路を圧迫します。よって人口がある程度増えると難易度が上がってきます。なのでインターチェンジ(IC)を複数置いたり、ラウンドアバウトを設置したり、IC付近に工業地区を置いたり・・・という工夫を普通はしていきます。

しかし、それでは不十分。ここでのポイントは、車での輸送を必要とするのは物流と公共サービスだけであって、都市の住人の移動(引っ越し、通勤、遊び)はすべて公共交通に置き換えられるということです。しかし道路と公共交通を置いていると、マイカーを利用してしまう市民が多いこと!!これだと意味がないので、どうにかしましょう。

まず、住宅は一箇所にまとめます。巨大住宅エリアを他の区と独立して(道路を接続せず)つくります。港や空港をおいて、高速道路と接続するのもやめましょう。そして同様に独立した区をつくっていきます。そして工業の特化区と一般区を作り、輸入に頼らずに製造できるようにします。さらに、工業区と商業区を複数の貨物鉄道で結び、大量に移動できるようにします。そして、各区を地下鉄でくまなく結び市民の移動ができるようにします。

こうすると、巨大な高密度住宅街でも交通が非常にスムーズになります。工業区や商業区はトラックだけが走り、拡充もしやすいです。・・・ただ、そうしてできた都市が魅力的かというとビミョーなところでして、あまり見ていて味気ないといいますか、思い入れがないといいますか・・・。このゲームの魅力は都市模様を観察することであって、単に人口を増やすことじゃないな・・・と思うのでした。

強大な効果を持つモニュメントを活用する

一通りプレイして落ち着いたので、モニュメントを解禁するコトにしました。モニュメントを解禁するには、各種条件をクリアして建設できるようになるユニーク施設を建設する必要があります。条件とは、「10000マスの工業区を作る」とか。ユニーク施設でシルエットをマウスオーバーで確認できます。面倒なのがヤなので需要をコントロールできるMODと、お金無限をいれてラクに解禁しました。唯一、「裁判所」の犯罪率50%には??になりましたが、どうも学歴が低い市民でないと達成できないようですね。詰まったので気をつけてください。

解禁すると、効果がめちゃくちゃ強力でした。ユニーク施設は効果がどれもビミョーでしたが、オブジェクトは市民全体に効果が及びます。エデン・プロジェクトでは一気に税収が10倍以上になり、ビルがニョキニョキ生えて笑いました。あと衝突器や医療センターも、学校や病院を置かなくてよくなったので便利です。特に交通や費用を考えることはなく、置くのがめんどくさいだけですのでw

とはいえ、コレらを活用する場面も思いつきません。クリア後のお楽しみみたいなものですね。

水遊び

謎の中毒性を持っているのが、水遊びですw

海を埋め立てたり、海底を埋め立てて津波を人工的に起こしたり、ポンプと排水で巨大ダムをつくったりできます。なぜか物理エンジンで再現されているので、シュールでおもしろいです。地形をいじるときは、左下のマークで強弱を調整できるのを覚えておきましょう(気づいていなかった)。

まとめ

だいたいやり終えたかなー感があります。繰り返しになりますが、もうちょっと鉄道の出番が欲しかったですね・・・。強化されそうだと思って追加DLC「Mass Transit」を買いましたが、モノレールと飛行船が使えるようになるだけ・・・。しかもスペック的に使う意味ないという。絵的にいいってだけですよ。もうちょっと経営、交通要素いれてくれれば最高だったのですが・・・。

-ゲーム

Copyright© eニュースコム , 2019 All Rights Reserved.