村上龍 読書

ヤザキの独白『メランコリア』

更新日:

あらすじジャーナリストのミチコは映画監督からホームレスに転落した男ヤザキの独白を聞くうちに、魅惑されていく…。

ヤザキシリーズ

文庫本裏の概略によれば、本作は『エクスタシー』の続編らしい。
ヤザキといえば『69』、『村上龍映画小説集』の主人公で、本人の経歴が色濃く反映されている人物だ。
高校時代の『69』、『限りなく透明に近いブルー』前後を描いた『村上龍映画小説集』、時系列となっている。

エクスタシーはまだ読んでない。
どうりでよくわからなかったわけだが、読んでもどれくらい理解できるのか…。

映画監督をやっていて、作家でもあり、キューバにも行っている…のでやはりヤザキは村上自身をモデルにしている。

よくわからない

よくわからない作品だった。
ヤザキの病的な独白と、それになぜか惹かれまくるミチコ…。

何を意味しているんだろう…。

-村上龍, 読書

Copyright© eニュースコム , 2019 All Rights Reserved.