Netflixオリジナル作品

『3%』6話感想:ミシェル回

更新日:

こんにちは。Kijimaです。
今回は6話の感想です。

エロい

ミシェルがエロかったですね。まさかあの人が・・・みたいな感じで。
あまり有名じゃない?役者を使っているからこういうことができるんですかね。

Netflixオリジナルだからなのか、アメリカドラマがそういうものでおおらかなのか
わかんないですけど、オリジナルドラマにはバッチリ写ってる濃厚なシーンが多いんですね。

たぶん意識したら負けで、芸術表現なんでしょうが、童貞ですから。
まあ家族とは見れないなあと。

カプセル

横っ腹を切り裂いて、カプセルが出てきました。
ミシェルの本性というか、隠していた部分(コーザ)が最後に明らかになりましたが、
これからの展開が読めない。

出てきたのは、イヤに硬そうで金属みたいな質感のカプセル。

身体検査にかからないから金属ではないんでしょうが・・・

でかくね?

あんまり口に入れたくはないなあ。

世界観がわかんなすぎる

結局コーザという言葉の意味はまだ明らかになってない。
その思想とか、目的とか、手段とか。

そもそも世界観がほとんど明らかになってない。
対抗勢力がどうなのかとか、
ほかの地域はどうなっているのかとか、技術レベルとか、
経緯とか。
「島」以前に主人公たちがもといた場所もよくわからない。

なんかわかんないことが多すぎて、いまいち興味が持てないんですよね。
その割にはプロセスがやたらある。
1エピソードあたり2つって詰め込みすぎじゃね?

印象が薄すぎるし、実際の語られる時間も少ないんですよね・・・。
オレの言ってることと同じで、
何がいいたいのかよくわかんないことも多いし。

まあそれでもどんでん返しということがあるので!
ちゃんと最後まで見てみます。

ほかのエピソード

-Netflixオリジナル作品
-, , ,

Copyright© eニュースコム , 2019 All Rights Reserved.