私見

田舎はエコでない

投稿日:

持続可能都市は、政令指定都市がほとんどを占めるという。

車社会はエコでない

人工の少ない中小都市はメインが車社会だかららしい。政令指定都市はたいてい電車など公共交通機関が発達していて、それらは環境への負荷が小さい。
道とか水道とか、あらゆるものが少ない量で多くの人が利用されるわけで、交通機関以外もエコだといえるかもしれない。
コンクリートで固められた緑の少ない土地に人が密集しているのはいかにも環境に悪そうだが、もっと広い範囲で見ると都会ぐらしのほうが環境にやさしいという、意外な結果がおもしろい。人間は隔離すべきですね…。

経済政策にも同じようなことが言える

効率がよく環境にやさしいということは、行政にもやさしいということと大体同じである。
都市機能を集約させるコンパクトシティの動きは、行政機能やインフラの効率化での負担軽減、環境への負荷軽減を目的にしている。
地方が消滅していく!とかよく見るけど、経済+エコから見ても自然な成り行きである。なんとなく情緒に訴えてくるものはあるものの、効率化を進めることが将来へとつながるのかもしれない。

-私見

Copyright© eニュースコム , 2019 All Rights Reserved.